ベビー服と現金をギフトに

アレンジメント

ベビー服や現金を出産祝いとしてプレゼントすることも良いですが、気をつけるべき点も把握しておきましょう。プレゼントする時は相手の希望を聞いて出産祝いを選ぶことも1つの方法です。

Read More...

相手のことを考えたギフト

ギフト

出産祝いで悩んでいるならカタログギフトを活用したほうが良いでしょう。カタログギフトなら、相手も不必要な物をもらうことがないですし、自分自身もギフトを選ぶ手間を省くことができます。

Read More...

相手に体験を贈る

プレゼント

カタログギフトのニーズが高まっていることもあり、出産祝いカタログギフトの種類もたくさん増えてきています。その中でも特殊なのは、体験型カタログギフトです。相手に物ではなく、体験を贈ることができます。

Read More...

定番の物なら安心

ギフト

親戚や友達、会社の同僚など身近な人に子供ができた時は、出産祝いを贈ります。出産祝いを贈ることで、相手に喜んでもらうことができますし、祝福の気持ちを形として表すことができます。出産祝いを贈る時は、タイミングを考えることが大切です。贈るタイミングとして適切なのは、生後7日目=生後1ヶ月程度です。嬉しくてすぐにギフトを贈りたくなるという気持ちはありますが、無事の出産の知らせを確認してから贈ることが大切です。出産祝いとしてよく選ばれるのは、育児用品や洋服などです。自分ではあまり買わないような、便利な育児用品や質が良い洋服などをプレゼントすることで喜んでもらうことができます。他にも、肌着やタオルなどのいくつあっても必要な物も、出産祝いとして送られることが多いです。

出産祝いを選ぶ時に参考になるのが、相場です。親しい友人には5,000円~10,000円程度、会社の同僚は3,000円~5,000円、親戚は10,000円~30,000円というのが出産祝いの相場です。もらって嬉しかったという意見が多いのは、ベビー服や、ミルク、タオルなどです。何を贈ったら良いのかわからない、という場合はこのような定番の出産祝いを贈ると良いでしょう。通販サイトを活用するという方法もあります。出産祝い用に贈るギフトを豊富に取り揃えている通販サイトを活用すれば、手間と時間をかけることなく選ぶことができます。また、最近ではカタログギフトを贈って相手に選んでもらうというケースも増えてきています。